玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 挨拶文

<<   作成日時 : 2009/06/22 10:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の発足パーティーの挨拶です。
一番最初にお話をさせていただきました。

本日はお忙しい中、貴重な時間をおさき下さいまして、誠にありがとうございます。
このたび、日本ビーチ相撲連盟理事長の大役を仰せ仕りました、玉海力剛こと河辺幸夫でございます。

平成19年より、ビーチ文化振興協会様のイベントの一貫として、子供たちの心身の育成と言う意味でビーチ相撲を提案させていただいておりました。

なぜ、ビーチで相撲かと言いますと、まず、ビーチですから砂浜なので、子供たちが倒されても怪我がしにくいんですね。そして、ビーチなので誰もが簡単に参加できます。
どうでしょうか、私たちが子供の頃は誰もが空き地や校庭で、相撲を取っておりました。あるいは、親に挑んで行っては、跳ね返され悔しい思いもしたと思います。その中で子供ながらに色々なことを学んできました。

日本古来の国技でもあり文化でもある「相撲」ですが、今の子供たちには相撲を取る環境が少ないのです。ですから、興味もわかなく、ルールも知らないのです。倒されることになれていないのです。

私自身も大相撲の世界で16年ほど過ごして参りまして、いろいろな経験をさせていただきました。礼儀作法や社会のルールに始まり、競い合う楽しさや、我慢することや、人を敬うこと、思いやること、人との絆、地域や社会とのつながりなど多くのことを学ばせていただきました。

そう言ったことを、少しでも今の子供たちに伝えて行きたい。その想いからビーチ相撲を行ってまいりました。

活動を開始して3年目になり、今年もすでに数箇所でビーチ相撲を行いました。
先月お台場のビーチでのことですが、嬉しかったことが2つありました。
私たちがイベント挨拶のため土俵から離れていた時に、子供たちが砂浜でけんかをしていると親御さんらしき人が来て、「けんかするなら土俵でやれ!」と叱り、すると子供たちは真剣な眼差しで必死に土俵でぶつかり合っていました。
他にも私たちが居ない間にも、親子で土俵に入り相撲を取っている。父親に投げられても、投げられても、砂浜なので怪我も無く、子供が目を輝かせ、何度も何度も向かっていっている。
素晴らしいと思いませんか。子供が親に何度も跳ね返されても挑戦していく。これぞ私が目指す、心身ともの健やかなる育成です。

ひとりでも多くの子供たちがビーチで裸足になって本気でぶつかることを通して多くのことを学んでほしいと願っています。

そのためにも本日ご参加の皆様のご協力が必要ですので、どうぞご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
本日はお忙しい中ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
挨拶文 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる