玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のテポドン

<<   作成日時 : 2011/11/23 19:12   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2005年の試合で右腕を脱臼骨折して以来、右肘がしっくりしないときが多々ある。

ここ3年ほどは比較的調子良かったのだが
先々週ぐらいから橈骨(とうこつ)がかなり飛び出てきて、右肘が「くの字」になったままである。
歯磨きやひげを剃るのが非常につらい状態にまでなってきていた。
一番きついのは食事をするときに肘が曲がらず箸が口まで届かないこと。

ここ数年は「ちょっと(橈骨)出てきたなぁ」と思ったときには
両手に4kg程のダンベルを持って大きく前後に振りながら2kmほど
ウォーキングをすれば大方は収まって、後はアイシングで問題なしだったのだが。

先週からダンベルウォーキングをいくら行っても一向に回復の兆しが見えず
とうとう私にとっての最終兵器である亀戸にある「敬愛接骨院」へ行った来た。


ここの院長は元柔道家で今でも120kg近い体格の持ち主である。
東京場所の時は、現役の力士が院長の「神の手」を頼りに多数やってくる腕前。
私は敬意をこめて「テポドン=最終兵器」と呼んでいる。
ついでに言うとお母さんと弟も一緒に施術を行い、院長の奥さまが受付を担当。
何とも言えない雰囲気を醸し出し、そこに行くだけで暖かい気持ちに包まれてしまう。
いつ行っても待合室が一杯で、地元の住人に愛されているそんな接骨院である。

私の場合は本当に重症のときにしか行かないものだから
行ったときには2時間ほどかけて丁寧に治療してくれるのだが
今回は相当に橈骨が飛び出しているものだから、最後に骨を入れる瞬間は
私自身我慢強いはずだと思ったが、貧血気味になるほどの激痛で悲鳴というか雄叫びを上げてしまった。

おそらく相当の営業妨害であろう。
待合室の患者さんは帰ってしまうかもしれないぐらいの声を出してしまった。

しかし、2日間通って治療をして貰うと見違えるほどに肘が伸び
早速今日から「飛び出さないためのトレーニング」に励み(これもアドバイスをしてくれる)
トレーニング後の風呂では自由にひげも剃れた。
もちろん箸も普通とおりに使えて、食後の歯磨きも何の問題もない。

腕が自由に使えることに感謝である。

以前脱臼骨折したときもそうであったが、人は「喉もと過ぎたら熱さ忘れる」ではないが
日々の健康に感謝して生きねばと再確認されられた数日間であった。

戸井田院長、そしてお母さん、今回もありがとうございました。

どうしようもないぐらい調子の悪いときはおすすめします!

敬愛接骨院 電話番号0356095440
東京都江東区亀戸9丁目5 - 20 - 102

今回はいつもの「ですます調」から雰囲気を変えたのだが、いかがであっただろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「多数やってくる腕前」などの”体言止め”を、後半にももう少し挟むとより読みやすい文章に。
大塚
2011/12/02 14:07
大塚様、アドバイスありがとうございます。日々是精進なり!
玉海力
2011/12/05 16:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
私のテポドン 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる