玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦略MG玉海力編

<<   作成日時 : 2013/10/09 17:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

先月に私が受けた「戦略MG研修」を玉海力広尾本店にて行いました。
広尾本店スタッフはじめ銀座店、武蔵小山店からも参加して総勢12名が受講。

1テーブル6名ずつでテーブル2つでの研修です。

戦略MGはこちら↓をご覧ください。
http://b-sumou.at.webry.info/201309/article_4.html

朝8時開始で夕方4時半までのロングラン研修です。

講師の方々も午前7時20分ごろには到着して
会場セッティングを一緒に行いました。

我がメンバーも前日も遅くまで仕事をしていたのにもかかわらず
全員が10分前には到着しオンタイムでのスタート。

この戦略MGはゲーム盤と会社盤、
そして順番が回ってきたら意思決定カードを引いて
「何かの行動」を起こします。
そのカードには時々「リスクカード」も混じっています。
集客は入札で一番安いお店がお客様を獲得できます。
画像
ゲーム盤  その真ん中に置いてるのが「意思決定カード」です。
画像
会社盤、これを見ると他の店舗の状況が一目瞭然。
画像
入札カード、これで集客する店がいっせいに提示します。

我社の参加スタッフは、この日は全員が起業して
社長となり3年間の経営を行わなければなりません!

スタッフが役職に関係なくばらばらに2つのテーブルにそれぞれ6人ずつ座りました。
テーブルが1つの商圏で6社が競合します。


もちろん、全員初めての体験ですので講師の金村氏より
丁寧に研修のやり方とその効果についての解説がありました。

最初にマーケットの話です。

マーケットは低価格帯・中価格帯・高価格帯の3つに分かれています。
あえて言うならば低価格帯はファストフードや立ち食いや牛丼店などでしょう。
中価格帯は我社のような街の居酒屋やレストラン。
そして高価格帯は寿司屋、フレンチやホテルのレストランあたりと考えると良いでしょう。

それぞれお客様の数は36人、16人、5人までと決まっています。
その価格帯の仕入れ値も一人あたり4円、10円、20円と決まっています。
食材がマーケットになくなった場合は海外から高い値段で購入しなければなりません。

そして客単価が、それぞれ最大で18円、30円、60円です。

まず、各テーブルじゃんけんで親を決めて時計回りに1回ずつ「意志決定カード」を引きます。

そのときに「店長の仕事」を行います。

そして、次に自分の番が来るまでに「社長の仕事」を一度だけ行えます。


「店長の仕事」とは目に見えるものですので、順番が来たときに行います。
「社長の仕事」とは日頃見えないところで行っていることが多いので
あえて、順番を決めません!
中々上手く出来ています(笑)

「店長の仕事」とは、アルバイトの採用やメニュー開発、広告やチラシでの集客。
そして現場での顧客獲得と、会計をしてのお見送りです。
「社長の仕事」とは、店舗の出店、撤退、拡大にはじまり
社員採用、人事制度の導入、社員研修、配置転換、食材の購入など多岐にわたります。

あとは、いたって単純。
最初に書いてある通りです。
画像

画像

各テーブルにアシスタントさんが付いてくれます。

1年目の上半期は金村氏指導の下、
説明を聴きながら全員同じ条件で一緒に経営を行います。

下半期からはすべて自分の判断と決断です。

そして1年目が終わり、資金繰り表から決算まで行い、
昼食をとりながら50分ほど休憩です。

午後からは一気に残りの2年を行います。

このあとは、私が感じたことを社員に伝えるつもりで書きますので
多少表現が悪くなるかも知れませんがご容赦ください。

本来、「社長と自覚している」ならば、
昼食休憩時間に1期の反省と復習をして
来期の経営計画を立てなければなりません!

私の見たところ誰もしている感じはしませんでした。

結果は全員が3期通じて大赤字。
経験して「経営者の意識」感じてもらうことが目的だから、それは全く問題なし。

問題なのは、全員が自分の会社しか見ていない。もしくは見えていない!

最初に金村氏が散々マーケットの話をしていたにも関わらず
まわりの状況などお構いなし。
わが道を行く。

同じようなスピードで、同じような店舗を出店し、
限られたお客様を、安い単価に下げて奪い合う。

これでは経営が上手くいく訳がない。

またこれも最初に「判断」と「決断」の話も金村氏にいただきました。
その重要さを誰も理解していない。。

決定のスピードの大切さ!
これも多くの方が最初のうちは気付いていませんでした。

順番が回ってきてから、行動を考える。
「えっと」
「ん〜」

この戦略MGでは、「1年を45分」で行うのです。

限られた時間の中で、何を、どの順番で行うか!
それもライバル店の動向を観察しながらです。

これは、実際の経営でも全く同じです。
時間は有限なのです!

経営計画を休憩時間中に立てたのならば結果は違っていたでしょう!

今期はこの計画でここまで伸ばそう!
ならば、今期の社長と店長のやることは。
もちろん周りの状況で柔軟に動かなければなりませんが
計画なくして結果が出るはずがありません!

そして一番悪いのは、言い訳。

「聞いてない」
「計画が狂った」
「見えなかった(ライバル店の状況)」
などなど、、本当の経営ではこんなことは当たり前におきる事。

それを一々言い訳していたら前に進むことなど出来ません。
失敗しようが進みながら解決していくしかないのです。

そうは言っても、3期目に入るとみんな顔つきが変わってきました。
赤字の額や借入、人件費や経費の計算をする。
そして、原価計算をしたときに粗利益の低さと固定費の高さに驚く。

この意識を持って貰っただけでも導入した甲斐があったというもの。



そしてこの研修による効果は、
第一に経営者意識の芽生えです。
それぞれが社長となって自分の財布感覚で会社経営を擬似体感することで、
売上という目標だけでなく、収入と支出といった収益視点を身につけることができる。

次に飲食店の経営構造の理解。
食材の仕入れからお客様のお会計までの流れ、借入、経費、人件費、売上など
お金の流れを中心とした経営の構造、特に利益・コスト構造が分かります。

そして自らが資金繰り表と決算書を記入することにより
モノの流れ、お金の流れがどのように財務諸表に流れていくのかが目に見えます。
その内容を分析して次の年に活かすことにより、決算書の見方と分析方法が自然と身につきます。

最後に最も重要な意思決定の訓練ができます。
3年という期間で経営計画・事業計画をつくり、選択と集中、
またライバルの動向の情報収集により、いつ、どのように意思決定するか、
限られた時間内での最良の意思決定の下し方が身につきます。

昨日の今日でまだ意識が高いときに
参加者全員がこれを読み、もう一度振り返り
腹に落として実行してくれることを望んで終わりにします。

長文を最後までお付き合いしていただいた方、有難うございます。

そして最後になりますが有限会社ウェルウェイ金村社長、
山澤さん、作道さん、曽根さん有難うございました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦略MG玉海力編 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる