玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 凡事徹底という力

<<   作成日時 : 2014/05/10 17:39   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

今月は月初にゴールデンウィークがあったために河邉塾が
第2土曜日になってしまいました。

今月の課題図書は、イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏と
前橋育英高等学校野球部監督の荒井直樹氏との対談
「凡事徹底という力」

そして、福岡を地盤にスーパーの展開されていて、
日本で一番視察が多いと話題を集めている
ハローディ社長の加治敬通氏のインタビュー記事でした。
画像


今日もスタッフたちからたくさんの発表がありました!

全て書くことは出来ませんが、
多くの気付きの中から、少しだけ紹介します。

若手社員の発表で、
『当たり前のことを自然にやることが大事だと思うので、
 厳しい人の前ではちゃんとやって、怒らない人の前ではダラダラする。
 そうやって人によって接し方を変えたら、自分の価値を下げてしまいます』
と言う欄を読んで、「まさに自分がそうでしたから、今日からは誰に対しても、どこに行っても同じように接します」
こんな気付きもありました。

また、中堅社員からは、「悪しき習慣を変える」
「人間は新しい習慣を身に付けるより、前からある習慣を変えるほうがよほど難しい」
このあたりは我社の事例付きでの発表となりました。

他にも、「綺麗なところを綺麗にするのが掃除」
「シンプルだけどしつこく続ける事」まさに凡事徹底です!

私自身も付箋とマーカーだらけになりましたが、
中でも、『私の仕事ではない。あなたの仕事でもない。
      誰の仕事でもない仕事が放置されている組織は、そこから腐敗する』

この言葉には衝撃を受けました!
組織の中には色々な仕事があります。
ましてや、うちのような小さな組織では、一人二役や三役こなさなければ回りません!


ハローディ社長インタビューは、本店店長の発表から始まりました。

加治社長が店長になったばかりの頃は、
当時任された店舗では、鮮度の悪いものを売っている、
品切れがある、接客が悪いと言った感じだったそうです。

ですからそれを改善するために、他のスーパーの真似から始めたそうです。
「真似から行動を起こす」「切羽詰まったら何でもやる」
同じ店長と言う立場でこの記事に目が行ったようでした。

そしてほぼ全員から出てきたのが、
「三本の指事件」
誰かを非難するときに指を指すと、
人差し指は相手に向いているけれど、三本の指は自分に向いている。

「相手に非があった時、確かに相手も悪いかもしれないけれど、
  自分自身も悪いところが三つあるから考えてごらん、と神様が言ってるよ」

それまでは「自分ひとりで頑張っている」つもりだったそうです。

『自分は長男だから頑張るんだ・・・寝ずに頑張るんだって。
 でも本当は助けてくれる人がたくさんいたんですよ。
 夜中におにぎり作って持ってきてくれるパートさんや応援してくれる人がたくさんいた。
 でも、当時の私には悪いものばっかりしか見えていなかったんです』

この言葉を先輩経営者からいただいた時から、
加治社長の心の中に「感謝」と言う二文字の柱が出来たそうです!

好きな言葉は「ピンチはチャンスだ!ありがとう」

私も今日のみんなとの時間を通して、
改めて、縁のある人たちと一緒に感動するために頑張っていこう!
と強く感じた河邉塾となりました!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
凡事徹底という力 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる