玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の講義

<<   作成日時 : 2014/11/05 15:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日告知していた、中央情報専門学校の講義をして来ました。
画像


日本人は2人。
後は、ベトナム人、ネパール人、中国人、
そしてマレーシア人とバングラデッシュ人が1人ずつ。
合計26名の留学生がメインのビジネス学科クラスです。

1回90分の授業を今日と来週の2回。

出欠を取り、軽く自己紹介をしたあとは、皆さんにお願いをしました。

「今から私の体験から得た話をします。
 『自分だったら』と置き換えて聞いてください。
 これは常に私が思っている事ですが、
 『自分の事は客観的に考える、他人の事は主観的に考える』
 人は誰もが自分の事が一番大好きなものです。
 ですから物事を考える時にいつも自分の視点から考えてしまうのです。
 そうではなくて出来る事なら、相手の視点で考える。
 そうすることで間違いなく豊かな人生を送ることができるはずです。
 今、現実に私がそうだから間違いありません!
 それでも油断をすると、自分視点で考えてしまう時があるのです。
 ですから今日は皆さん、おおいに『感情移入』をして聞いてください」

こんな感じのスタートでした!
留学生を相手に主観的、客観的を伝えるのは大変でした

本日のテーマは

1. 「時間は誰にも平等だけど有限である」
2. 「自らの意思で選択することの大切さ」
3. 「明確な目標を持つには」

次の文章は社員手帳をそのまま読んだものです。

「私たちには生まれながらにして2つの宝物が与えられています。
 一つは誰にも与えられている1日24時間という平等な時間。
 人生における時間は有限です。一度しかないかけがえのない人生、
 明確な目的を持って毎日を過ごしてください。
 そして21世紀となった今、もう一つの宝物は選択の自由です。
 人は誰もが自分自身の行動に対して責任があります。
 社会や遺伝や過去のせいではなく、すべては本人の選択です」


今日はほとんどの方が留学生と言う事なので、
それぞれの国ではどこまで選択の自由があるのかは私にはわかりません。

しかしこの日本という国には選択の自由があります。
皆さんが日本来た事も、この学校を選んだ事も自分自身が選択したはずです。

ですから自分で選択したのならば徹底的にやってみる事!
向いているとか、いないとかは周りが決める事。
自分で決めたのならばあきらめずにやり抜きましょう!

その後は私の入門までの経緯から、下積み時代の時間の使い方や意思決定手法。
失意の中の引退の話から、起業し今に至るまでと思っていたのですが、
わかりやすい言葉に置き換えて話していたら前半だけで終わってしまいました。。。

それでもそこまの話でグループワークを5分ほど行い、
グループ単位の発表と質疑応答タイム。

最後に来週までの宿題を出しました。

こちらは「がんばれ!社長」http://www.e-comon.co.jp/
武沢先生の受け売りですが、
Wish Listの説明をして宿題としました。

以下、武沢先生より引用です。

Wish Listとは
目標設定の最初の一歩は「Wish List」(ウィッシュリスト)の書き出しです。
Wish Listに関するすごい女性といえば、アメリカ人のバーバラ・アンさんです。
彼女はご自身の夢のリストを『the wish list』という本で1997年に発表したのです。
その内容は彼女のWishが載っているだけのいたってシンプルな本なのですが、
中味がユニークなのと数の多さから話題の本になりました。
そして、あっという間に100万部を超える大ベストセラーになったのです。
彼女のリストをのぞいてみましょう。

・全英博物館で数日過ごしたい
・週4日勤務を実現したい
・メジャーリーグベースボールの審判をやりたい
・年収の半分を貯めたい
・愛犬にフリスビーキャッチを教えたい
・テレビのない生活をしたい
・ファーストクラスで世界を旅したい
・大きい会社の経営者になりたい
・辞書編集者として成功したい
・小説を書きたい
・罪悪感ゼロで一日中何もしないでいたい
・めざまし時計なしで起きられるようになりたい
・ホワイトハウスで大統領と会いたい
・ハリウッド男優とメイクラブしたい
・日本に行ってワサビ入りのお寿司に挑戦したい
・ナイショで結婚したい
・・・etc.  

いかがでしょう。
バーバラさんはテレビを見ていても、
雑誌や新聞をみていても「あっ!いいな」と思ったものは
どんどんリストに加えていったそうです。
きっと頭の中はいつもWish-Listのことばかり。
その結果、彼女はついに14,000個を超えるWishを持つにいたるのです。
彼女のリストは、表現方法が活き活きしていることも特長のひとつです。
たとえば、単に「フランスへ行きたい」と書くのではなく、
「ルーブル美術館でモナリザと対面する」と書く方が情景が思い浮かび、
モティベーションに直結するのです。そうした工夫も大切です。

以上引用終わり。

冒頭に「明確な目標」といいましたが、
若いうちから中々「明確な目標」を持っている人の方が少ないでしょう。

そこで、まずは願望で良いのです。
願望も何度も書いていると精度が上がります。
ですから公私混同大歓迎で書き出しましょう!と伝えました。

来週までに最低100個は書いてきて貰います。
若いうちはやりたいことが沢山あって当たり前です。

欲望の塊で良いのです!

学生時代にはほとんどの事に「答え」が用意されています。
しかし社会に出ると「答え」は用意されていません。
なぜなら、「答え」は「お客様や市場」が決めることなのです。

何度失敗してもその度に立ち上がれば良いのです。
願望も何度もやり直していると精度が上がり、
ただの願望から目標になります。
そしていずれかは「明確な目標」になって行く事でしょう!

来週は宿題発表と起業してから現在に至るまでの話しの予定です。

果たして時間が足りるかどうか・・・・
あっという間の90分でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の講義 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる