玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 公安調査庁と国際テロ

<<   作成日時 : 2016/03/18 18:11   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

元公安調査庁の職員で現倉敷芸術科学大学客員教授であり、
企業危機管理コンサルタントである岩井克己さんのお話を聞くことが出来ました!

公安調査庁とは、あまり聞きなれない方もいらっしゃるのではないかと思います。
1952年(昭和27年)7月21日、破壊活動防止法の施行に伴い、
同法に規定する破壊的団体の規制に関する調査及び処分の請求に関する事務を
一体的に遂行するために設置された行政機関です。
http://www.moj.go.jp/psia/index.html

今日は最近の国際テロの動向と対策と言うテーマのお話。

昨年に起きたシリアでの人質殺害テロ事件の真相やその背景。
紛争地潜入の危険性や犯人側からの要求への非妥協の原則。
過去の自衛隊へのイラク復興支援活動の裏側。

年末に起きたパリ同時テロ事件の特徴点とその背景と今後。

IS(イスラム国)の特徴点とシリア内戦でのテロ拡散。

そして、なんと言っても日本に対する国際テロの脅威と対策の話し。

国際テロの脅威や対策をを考えたら、
特定秘密保護法や安保法案はこの国になくてはならないものだと誰もが理解できると思います!

岩井氏曰く、初めての国際的なサーバー攻撃はロンドン五輪の時との事。
テロリストの狙いは、恐怖によって政治を動かし世論を分断する事。
最大のテロ対策は、冷静な対処と報道。
過剰反応は相手の思う壺。
「テロに対して、ただ傍観するのか、壊滅に向かって努力するのか、
まさに我々一人ひとりの倫理的な姿勢が、今問われている!」
画像


また、昨日に出来上がったばかりとう「PSIA」と言う冊子と、
「内外情勢の回顧と展望」平成28年版もいただくことが出来ました。
画像
画像


国外情勢では、北朝鮮の動向二始まり中国・ロシア・中東・北アフリカや国際テロについての状況。
国内情勢では、まだまだ危険体質が続くオウム真理教の動向や原発問題に過激派や右翼団体など。

こちらでも世界のテロ脅威やパンフレットも見ることが出来ます!
http://www.moj.go.jp/psia/terrorism.html
みなさん、是非目を通してください!

マスコミもくだらない報道ばかりしていないで、こういう事を発信したほうが良いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公安調査庁と国際テロ 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる