玉海力社長ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひと月遅れの入社式

<<   作成日時 : 2016/05/09 14:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

この春に高校を卒業したばかりの高卒入社の子が本日より出社です。

高卒採用は4年前に高卒者3名、大卒者1名採用して以来のことです。

例年、入社式は4月1日なのですが、
本人がケガのために足にギブスをはめて松葉づえ歩行のために延期しました。
いきなり新人がまともに歩けないような体で出社しても、
本人もかわいそうですし、居心地も悪いだろうと配慮してのリハビリ期間も含めてのGW明けの出社となりました。

面接の時には「気合を入れるために丸坊主」にして来た今時珍しい男子です!
大切に育てなければなりません。

画像

こちらの本は新人研修用に使うテキストです。
この春まで高校生だった男の子には少し難しいかもしれませんが・・・

すでに5月ですが、本部にて形ばかりの入社式でした。
以下、本人への私からのメッセージです。


ようこそ玉海力へ入社していただきました。

○○さんに紹介され、出会いがありました。
そして銀座店にお父様と食事に来られ、会社での面接を経て、今日から社会人としての生活が始まります。
まずは今日ここまで育てていただいたご両親に感謝をしてください。
そして今月の初任給が入った際には、
今までの感謝を込めてささやかなものでも構いませんのでプレゼントをしてください。

いままで、学生時代には沢山の勉強をされて来た事でしょう。
入試があり、期末ごとにテストがあり、そのほとんどの問題には「正解」という答えが用意されていたはずです。
しかし、それが社会人となり突然明確な「正解」が無い世界になります。
社会に出ると「正解」かどうか直ぐに答えが出ません。
なぜなら、それは市場が、お客様が、判断するからです。
明確な正解が無いからこそ、社会に出たら一層の勉強が必要になります。
ある意味学生時代よりも勉強しなければなりません。
ですから日ごろから自分で考えて、考え抜いて行動を決めていかなければなりません。

我が社はこの8月で創業20年を向かえます。
思えば創業の時は事業の継続や拡大など考えて始めた事ではありませんでした。
私自身は14歳で家を出て、相撲界に飛び込みました。
そして、夢破れて30歳になる直前に次のステージに行くしかありませんでした。
その時に選択したのが今の仕事です。
最初は理念も何もなく、ただただ家族が食べていく事だけを考えて起業しました。
起業する以外に選択肢が無かったからです。
14歳から30歳まで相撲界しか知らず、なんのキャリアも資格もない人を雇用する所などありません。
だとしたら自分でやるしかありませんでした。
手探りの中での開業が始まりました。
開業してから数年間はただがむしゃらにひたすらに働きました。
細かな事は社長の考えhttp://www.tamakairiki.co.jp/recruit/about/mes.htmlに掲載しているので割愛しますが、
「一緒に働く仲間が居て、信頼できる取引先があり、地域に根付き、お客様に愛される」
こんな当たり前の事がわかるまでに数年が掛かりました。
そしてその時生まれたのが今の我が社の経営理念と社訓です。
我が社においての行動の指針は経営理念と社訓です。

会社の存在目的は適正利益を上げ続け、全社員とその家族を幸せにすることです。
同時に、きちんと納税して社会に貢献し、地域に無くてはならない店舗になることです。
そのために私たちは一人でも多くのお客様から「ありがとう」をいただける店を目指しています。
働く目的は仕事を通して人格を磨いていくことです。人格の完成などありませんが、あえて目指していきます。
そのために経営理念があり社訓があります。
事業を通して社会活動を通して、納税をして、より良い社会を創る。
自分でこの会社を選んだ以上、どんな時でも未来に希望を持って、人生を賭けてください。
人生とは勉強の連続です。お金は後から付いて来ます。
なぜなら、お金とは価値だからです。はるか昔、通貨が生まれる前は価値と価値との交換でした。
相手の望みを価値を叶える事によって、自分の望み、価値が叶えられていくのです。
それには長い時間がかかることでしょう。
面接の時にも「石の上にも3年」と言いましたが、
「夢中で3年、バカになって5年、1人前と言われるには10年はかかることでしょう」
それくらい価値を築くと言うものは時間が掛かるものなのです。
この移り変わりの速い時代だからこそ大切な事なのです!
私達の業界は今、極端な少子高齢化、若年層のアルコール離れ、
食料品の値上げ、消費税増税など厳しい事ばかりです。
外食業界だけではなくあらゆる業界が激動の時代です。
そんな中でも我が社は昨年も、過去最高利益を上げることが出来ました。
今年もおそらく最高利益を更新する事でしょう。
それは、先輩たちが時間をかけて作り上げた価値であります。
過去の信頼の積み重ねであります。
ですから目先のことよりも、まずは、自分の価値を信頼残高を高めることを心がけてください。
信頼残高を高めることは時間はかかりますが、決して難しいことではありません。

社訓にもあるとおり、今出来ることは今行動しているか?
約束事は守り嘘はついていないか?
いつも笑顔で清潔でいるか?
いつも謙虚で感謝の気持ちを持っているか?
明るくのびのびと仕事をしているか?
あきらめないで最後までやり抜いているか?
陰口は言わず正々堂々としているか?
これらをいつも意識して行動してください。
そうすれば自ずと信頼残高は構築されていきます。
信頼とは築き上げるまでには時間が掛かりますが、失うときは一瞬です。
ですから、誰が見ていなくともお天道様は見ていると思いで行動してください。
そうしていると、お金も必ず後から付いて来ることでしょう。

そしてそのお金で社会に恩返しをして、後になって生きた証を残せるような人間になりましょう。
我が社も今年は創業20年です。
国税庁の発表によると20年続く企業は0.3%しかないと言われています。
0.3%しか経験できない会社として誇りを持っていこうじゃありませんか!

最後に、規則と礼儀の話をします。
規則とはルールであり、守らなければならないものです。
わが社で言えば社員手帳の中の経営計画書に書かれていることです。
これを守れない方には辞めていただきます。

礼儀とはマナーです。
相手を思いやることです。
こちらはあえて書いていませんが、
自分がされて気持ち良いと思うことをどれだけ相手の立場に立って出来るかです。
たとえば、挨拶もそうです。
気持ちの良い挨拶をされて嫌な人は居ますでしょうか。
先輩後輩、上司部下関係なく、気付いた人から声を掛けましょう。
道を譲る、ごみを拾う。
これらも全てが礼儀、マナー思いやりです。
玄関が汚れていれば進んで綺麗にしましょう。
一人ひとりが意識を高く持ち、みんなが実践すればもっともっと良い会社になります!

冒頭でも言いましたが、働く目的は仕事を通して人格を磨いていくことです。
生きていれば、誰もが多くの困難に直面することでしょう。
そこで逃げたら何も変わりません。一歩ずつで良いから逃げずに正面から乗り越えてください。
誰のためでもなく、かけがえのない自分の人生のためです。
いつでもそのことを肝に銘じていてください。

わが社は、どんな時代でも適正成長を維持し、借入に頼らない好財務で、
働く仲間たちが夢と希望を持てる好待遇な会社を目指していきます。
全スタッフで、共に自らの人格も磨いて、信頼を高めていきましょう。
私も先頭に立って汗を流していきます。
貴方の活躍を心より期待しています。
改めて入社おめでとう!

平成28年5月9日
株式会社玉海力 代表取締役河邉幸夫

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひと月遅れの入社式 玉海力社長ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる