見える化コンサルタント

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアムフライデーについて考える

<<   作成日時 : 2017/02/25 13:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

今月より月末の金曜日を「プレミアムフライデー」として、
早期帰宅を官民で推奨して、消費を喚起するとの事。

経産省によると、24日の夕方時点で
4260団体・企業がロゴマークの使用の申請をしているそうです。

一部の大企業は働き方改革として早帰りに取り組む一方、
この国では99%が中小企業で働いている。
完全週休2日制でさえ中小企業には難しいのが現状。

ましてや、いまは製造業で働く人よりも
小売りやサービス業で働く人たちの労働人口の方が多いのです。

大企業が3時に終わって街に繰り出しても、
受け入れてサービスする側の企業は労働時間が長くなるだけです。

確かに「消費を喚起する」ことにはつながるのかもしれません。


しかし、内閣府のHPによると、
「ワークライフバランス憲章」には以下のように書かれてあります。

『我が国の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が
社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、
仕事と生活が両立しにくい現実に直面している。

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、
仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、
家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、
今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。
 
仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、
若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず
誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、我が国の活力と成長力を高め、
ひいては、少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。

そのような社会の実現に向けて、国民一人ひとりが積極的に取り組めるよう、
ここに、仕事と生活の調和の必要性、目指すべき社会の姿を示し、
新たな決意の下、官民一体となって取り組んでいくため、
政労使の合意により本憲章を策定する』

「仕事と生活の調和」と自らが言っているのに、
一部の大企業ばかりが優遇されるような官民一体の取り組み。

疑問を感じブログに残してみました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プレミアムフライデ―が始まりましたね〜!! 始まってしまった事はい〜けどそのプレミアムフライデ―も、良し悪しだと思いますね〜私的には〜!!それはサービス業でパートで働いている女性の方が言っていましたねお店が忙しくなるのはい〜ですけど、忙しい時にぬけられません、子供をむかえには行けませんと言っていましたね〜(>_<) それをニュースで聞いた時はねそ〜ですよね〜分かるな〜って思いましたね〜だから本当、プレミアムフライデ―は良し悪し何ですよね〜!!そ〜ゆ〜方も居ますからね〜!!別に無くてもい〜と思いますね〜!!今まで無かったのですからね〜!!(>_<) それで、プレミアムフライデ―をやった事で、経済効果が良くなるんでしょうかね〜??(T_T)
柴犬柴子
2017/02/25 19:54
柴犬柴子さま
コメント有難うございます。
経済効果もそうですが、余計に人手不足になりそうですよね・・・
河邉幸夫
2017/02/28 16:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレミアムフライデーについて考える 見える化コンサルタント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる